片品村役場

福祉医療

トップ > 役場の概要 > 各課のご紹介 > 保健福祉課 > 医療係 > 福祉医療

福祉医療は、医療費の(保険診療)のうち、自己負担しなければならない費用を村が負担し、 無料になる制度です(入院時食事療養費、訪問看護、柔道整復師、薬剤一部負担金、治療用装具などの費用も含みます)。
 下の表の資格要件に該当する人には、福祉医療受給資格者証が交付されますので申請してください。 福祉医療受給資格者証は、県内の医療機関で受診したとき保険証と一緒に病院の窓口に提示すると、保険診療が無料になります。 県外での受診や治療用装具を装着したときは負担金を支払ってから、村へ請求の手続きをしてください。

種類 資格要件 手続きに必要なもの
子ども 中学校卒業の年の3月31日まで 保険証、印鑑
重度心身障害者 身障手帳1級または2級 身体障害者手帳
障害年金(国民年金)1級 年金証書
特別児童扶養手当1級 証書
療育手帳判定A 療育手帳
障害年金1級程度での障害で年金を受給することができない人 所定の診断書
高齢重度障害者(65歳以上含) 身障手帳1級または2級 身体障害者手帳
障害年金(国民年金)1級 年金証書
療育手帳判定A 療育手帳
障害年金1級程度での障害で年金を受給することができない人 所定の診断書
母子・父子家庭 母子及び寡婦福祉法第5条第1項に規定する配偶者のない女子で現に18歳未満の児童を扶養しているもの及びその児童 本市に本籍がない人は戸籍謄本転入者は前住所地の所得証明書
父子家庭の父子(母子と同一要件)
18歳未満の父母のない児童 父母のない事実を明らかにする証明
いずれの場合も保険証・印鑑が必要です。
(*1)要件を満たさなくなったときは、資格を喪失します。

お問い合わせ先

片品村役場 保健福祉課
TEL 0278-58-2115
FAX 0278-58-2110