片品村役場

新型コロナウイルス感染症の影響で事業収入が減少している中小企業者・小規模事業者に対して固定資産税の軽減措置について

トップ > 役場の概要 > 各課のご紹介 > 住民課 > 資産税係 > 新型コロナウイルス感染症の影響で事業収入が減少している中小企業者・小規模事業者に対して固定資産税の軽減措置について

新型コロナウイルス感染症の影響で事業収入が減少している中小企業者・小規模事業者に対して固定資産税の軽減措置

○中小企業・小規模事業者の税負担を軽減するため、事業者の保有する建物や設備の令和3年度の固定資産税を、事業収入の減少幅に応じ、全額または1/2が軽減されます。

 

対象年度

令和3年度

 

対象となる方・軽減割合

以下の要件を満たす中小事業者等を対象に、令和3年度課税の1年分に限り、以下の割合を軽減します。

令和2年2月~10月までの任意の連続する3ヶ月間の事業収入の対前年同期比減少率 減免率
50%以上減少 全額
30%以上50%未満 2分の1

※中小企業者・小規模事業者とは、資本金の額または出資金の額が1億円以下の法人、資本または出資を有しない法人の場合、常時使用する従業員の数が1,000人以下の法人、常時使用する従業員の数が1,000人以下の個人

 

軽減の対象

所有する償却資産及び事業用家屋

 

軽減の手続き

認定経営革新等支援機関等の認定を受け、令和3年1月31日までに、片品村住民課に申告が必要です。申告受付開始時期、申告書様式及び添付書類等については、詳細が決まり次第本ページでお知らせいたします。

申告書様式はこちら

 

申告の流れはこちら

 

※昨年度の収入等を確認するための決算書や会計帳簿等が必要となります。

 申請期間が1か月ということから早めの決算書や会計帳簿等の作成をお願いします。

 

認定経営革新等支援機関等による認定については、中小企業庁のホームページをご覧ください。

中小企業庁ホームページはこちらこのリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ先

片品村役場 住民課
TEL 0278-58-2116
FAX 0278-58-2110
Mail jyumin@vill.katashina.gunma.jp