片品村役場

平成29年度高齢者肺炎球菌予防接種について

トップ > くらしのガイド > 高齢者・福祉 > 平成29年度高齢者肺炎球菌予防接種について

平成29年度高齢者肺炎球菌(定期)予防接種

平成26年10月1日から、高齢者用肺炎球菌の予防接種が定期化されました。接種期間等がそれぞれ定められていますので、対象となる方は期間内に接種をお願いします。

肺炎球菌ワクチンは高齢者の肺炎の原因で、もっとも頻度の高い「肺炎球菌」という細菌感染を予防するワクチンです。肺炎球菌には80種類以上の型がありますが、肺炎球菌ワクチン接種によりそのうちの23種類に対して免疫をつけることができ、肺炎球菌による肺炎の約80%で重症化を防ぐことが期待できます。

対象者

①今までこのワクチンを接種したことがない方

②平成29年4月2日から平成30年4月1日までに65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳の誕生日を迎える方

③60歳以上65歳未満で心臓、腎臓、呼吸器の機能に日常生活が困難な程度の障がいがある方およびヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能低下により日常生活がほとんど不可能な程度の障がいがある方

接種費用

・無料

接種期間

・平成29年4月1日から平成30年3月31日の間

※対象の期間を過ぎると高齢者肺炎球菌(定期以外)の申請が必要になります。

接種方法

・対象となる方には通知が発送されています。片品村役場保健福祉課窓口で予診票(紫色)をお渡しします。お渡しした予診票と保険証をご持参の上、県内の医療機関を受診してください。

・かかりつけ医療機関で事前に予約をすることをお勧めします。

注意事項

①次回の接種には5年以上の間隔を空ける必要があります。

 (接種間隔が短いと副反応が強く出ることがあります。)

②人によっては接種後、熱・腫れ・痛みなどの副反応があることもあります。高熱や、2~3日しても微熱・腫れ・痛みが治まらない場合は、接種した医療機関を受診してください。

③肺炎球菌ワクチンは、すべての肺炎が予防できるわけではありません。


平成29年度高齢者肺炎球菌(定期以外)予防接種

片品村では平成22年10月1日より肺炎球菌予防接種費用助成事業を継続実施しています。

対象者

・65歳以上で今年度定期予防接種対象者以外の方、かつ過去5年間にこのワクチンを接種していない方

接種費用

・無料

接種期間

・平成29年4月1日から平成30年3月31日の間

接種方法

・片品村役場保健福祉課窓口で肺炎球菌予防接種費用助成金交付の申請をしてください。その際に予診票(白色)を交付します。交付された予診票と保険証をご持参の上、利根沼田管内の医療機関を受診してください。

※申請の際に印鑑が必要となりますのでお持ちください。

・かかりつけの医療機関で事前に予約和することをお勧めします。

注意事項

①次回の接種には5年以上の間隔を空ける必要があります。

(接種間隔が短いと副反応が強く出ることがあります。)

②人によっては接種後、熱・腫れ・痛みなどの副反応があることもあります。高熱や、2~3日しても微熱・腫れ・痛みが治まらない場合は、接種した医療機関を受診してください。

③肺炎球菌ワクチンは、すべての肺炎が予防できるわけではありません。

お問い合わせ先

片品村役場 保健福祉課
TEL 0278-58-2115
FAX 0278-58-2110