片品村役場

後期高齢者保険料率

トップ > 役場の概要 > 各課のご紹介 > 保健福祉課 > 後期高齢者保険料率

平成29年度の保険料率は次のとおりです。

【 保険料率 】

区分 平成29年度
均等割額 43,600円
所得割率 8.60%
限度額 57万円

 

【 平成29年度相当保険料額の計算方法 】

「年間保険料額」=「均等割額(43,600円)」+「所得割額〔(被保険者本人の平成28年中の総所得金額等-33万円)×8.60%〕」

*平成29年度4月以降、年度途中に加入する方の保険料額は、月割で計算します。

 「年間保険料額」÷12ヶ月×加入月数(100円未満切捨て)

*下表の軽減該当条件に該当する方の年間保険料額は、それぞれの軽減額を差し引いた額となります。

 

平成29年度の保険料の軽減措置が決まりました。

平成29年度の軽減割合や該当条件は、次のとおりです。

※被用者保険の被扶養者であった方の保険料については、軽減措置が継続されます。

軽減内容 軽減該当条件(均等割の軽減は被保険者および世帯主、被保険者の属する世帯のほかの被保険者の総所得金額等の合計額で判定)
(1)均等割9割軽減 「基礎控除額(33万円)以下の世帯で、かつ被保険者全員の各種所得が0円」の世帯(ただし、公的年金等控除額は80万円として計算します。)
(2)均等割8.5割軽減 「基礎控除額(33万円)」以下の世帯
(3)均等割5割軽減〈改正〉 「基礎控除額(33万円)+27万円×世帯の被保険者数」以下の世帯
(4)均等割2割軽減〈改正〉 「基礎控除額(33万円)+49万円×世帯の被保険者数」以下の世帯

(5)所得割2 割軽減〈改正〉

被保険者本人の総所得金額等-基礎控除額(33万円)が58万円以下のとき

(6)被扶養者軽減(均等割7割軽減)〈改正〉

被保険者の資格を取得する日の前日まで、被用者保険(国保、国保組合以外)の被扶養者であった方 ※所得割額は課されません。※均等割額の軽減にも該当する場合は、軽減割合が大きい方の軽減が適用されます。

お問い合わせ先